効果的な体脂肪の減らし方

適度に減らす体脂肪

内臓脂肪は、増え過ぎることで生活習慣病(動脈硬化、高脂血症、糖尿病、脳卒中など)、
メタボリックシンドローム(高脂血症、高血糖、高血圧のうち2つ以上)を引き起こす恐れがあるとされていて、最近とても警告されています。
中性脂肪は腸で分解され、小腸壁を通過し、小腸の細胞内で中性脂肪に再合成されて
筋肉細胞や脂肪細胞のエネルギー源として血液中に放出され、使用されますが、
増え過ぎてしまうと運動能力の低下、皮膚のたるみ・膨張を招くとされていて、
場合によっては命に関わるため、体脂肪を減らすことで発症を防ぐことが大切になってきます。
一旦増えてしまうと減らすのがとてもむずかしいという特徴がありますし、
特に皮下脂肪は女性に蓄積されやすいために、様々な注意が必要です。
必要な分を超えてしまうと、中性脂肪は内臓の周囲や皮膚の下にどんどん蓄積されてしまうんです。
「ストレスが蓄積している」「嗜好品を好む」「毎日適度な運動をしていない」
「夜遅くに食事を摂ることが多い」「外食が多い」といった方は、比較的体脂肪を溜め込みやすいと言われていますね。
運動不足によるエネルギー消費量の不足、食事摂取量の増加などの懸念があるからだとおもいます。
体脂肪が増えるのは、肉類や魚類などの食物から体内に摂り込まれ、蓄積される
中性脂肪の増加が主な理由として挙げられてますので、
余分な体脂肪が蓄積されている状態は適正な範囲まで減らす必要があるということになります。
健康や美容にも良くないことがたくさんあげられているという意味でも、減らす努力をしなければなりませんね。