効果的な体脂肪の減らし方

体脂肪は無理に減らさないで

体脂肪は生命を維持していくために重要な役割を担っていますので、極端に減らすのは良くないといわれています。
体脂肪率が適正値を大きく下回ってしまうと、これらの役割に悪影響を与えることにも繋がると言われています。
体脂肪を無理なく減らすためには、その仕組みを知ることがまずは大切です。
そもそも体脂肪とは体内についている脂肪のことをいい、
身体にたいしてどの程度の割合でついているのかを示すのが体脂肪率と言われています。
体脂肪は皮膚の下についている「皮下脂肪」と、内臓の周囲についている「内臓脂肪」の2種類に分けることができ、皮下脂肪は体温調節、内臓脂肪は内臓の保護、位置の保持などの役割を
ホルモン分泌の他にも担っているんです。
女性であれば30歳未満は17〜24%、30歳以上は20〜27%を適正値としていて、
いずれも30%以上の状態は肥満とされています。
男性の場合は30歳未満は14〜20%、30歳以上は17〜23%を適正値として定めており、
いずれも25%以上の状態は肥満とされています。
適正体脂肪率は男女の違い、年齢の違いでおきく異なってきます。
過度に減らしてしまうことで体温や筋力が低下するばかりでなく、
女性はホルモンバランスが崩壊してしまいますので、
生理不順や早発性閉経を引き起こしかねないので注意が必要です。
エネルギーの備蓄、体温の維持、内臓の保護をすることができなくなってしまうんです。

さらには髪の毛や皮膚から、ハリやツヤが失われるなどの見た目にも良くないことが弊害としてあげられます。
これらのことから、体脂肪は健康的に減らすのがいかに大切かが分かるのではないでしょうか。
市販の体脂肪計で測定可能ですから、持っていない場合はひとつ購入しておくと良いと思いますよ。