効果的な体脂肪の減らし方

一番身近なウォーキングなど

ウォーキングやジョギングの前後、最中には水分補給も忘れずに行いましょう。
シューズはできれば足首が固定され、クッション性や通気性に優れているもの、型崩れしにくいものが良いでしょう。
顎を引き、真っ直ぐ前を見据え、背筋を伸ばし、常に腰は同じ高さを維持することがフォームの基本です。
ウォーキングやジョギングが体脂肪を減らす方法としては挙げられますが
いずれの方法も、開始直後にはエネルギーとして糖質が使用されるため、体脂肪を減らすことはできず、
有酸素運動というのがポイントです。20分が経過した頃から脂質が使用されます。
正しいフォームや呼吸法を身に付けることも大切です。
呼吸法には様々な種類がありますが、「2回吐き、2回吸う」を繰り返す「2ビート呼吸法」が
初心者の方には適していると言われています。
ウォーキングやジョギングで体脂肪を減らすには、20分以上は行うことが前提となります。
腹式呼吸(鼻から吸って、口から吐く)を意識しながら行えば、体脂肪を減らすのにより効果が得られるようです。
肩の力を抜いて腕を振り、膝は伸ばした状態で動きとしては前に出します。
その流れで足は踵から自然に着地し、爪先から次の1歩を踏み出すことができるでしょう。
ウォーキングやジョギングに支障がない程度でウェアは厚着をせず、軽装が適しています。
脱水症状などの恐れがあるため、特に気温が高い時期は補給する頻度は高い方が良いと言えます。
開始前にはウォームアップを、終了後にはクールダウンを怪我の防止のために行いましょう。