効果的な体脂肪の減らし方

お風呂で燃焼

冷え性の方は、血行に問題を抱えているため、体脂肪を減らすのが困難と言われています。
改善方法として、
身体に掛かる負担を和らげ、全身浴と比較して、冷え性やむくみの改善に期待が持てる半身浴を挙げることができます。半身浴を30〜40分、行うことで、カロリーの消費が期待できるでしょう。
ツボ押しで血行を、マッサージで代謝を促進することで入浴方法で得られる効果を高めましょう。
お湯を張った洗面器に足湯ならくるぶしまで、手湯なら手首までを約10分間つけるだけの手湯・足湯を挙げることができます。足湯の方がどちらかと言えばポピュラーですが、手湯を取り入れることで、四肢を温めることができます。湯船を出たり入ったりを繰り返すだけで良いため、この入浴方法は、簡単に捉えられがちですが、正しく行わなければ効果は得られませんが、反復浴を取り入れるのも体脂肪を減らすには有効とされています。
5分ほどぬるま湯(38〜40度)で身体を温めた後、湯船を出て3分ほど時間を置くことがポイントです。
2、3回この動作を繰り返すことで、血液循環の改善効果が得られると言われています。
これらの入浴方法を実践する際には湯船からはゆっくり出るようにし、貧血を引き起こさないようにして、マッサージをしたり、ツボを押すのが有効とされています。血行を促進し、代謝を高めることができるため、様々な入浴方法を実践することにより、体脂肪を減らすには効果的と言えるでしょう。