効果的な体脂肪の減らし方

お酒も外食も節度をもって

体脂肪を減らすことにストレスを感じなくなるには、お酒や外食と上手に向き合えるようになりましょう。
お酒の場合は、1日の総エネルギー摂取量を把握しておけば、許容範囲が見えてきます。アルコール度数に比例してカロリーが高くなりますが、逆に言えば低いものは工夫次第で飲めるということになります。
くれぐれも飲み過ぎてしまわないように気を付けましょう。おつまみを何か食べた方が良いのですが、この時には栄養バランスやカロリーを考慮する必要があります。
必ずしも体脂肪を減らすには、お酒や外食を断たなければいけないわけではありません。
アルコールが胃壁に吸収されやすくなり、空腹時は悪酔いの原因にもなります。
栄養バランスに偏りがないメニューかどうかが外食に関しては、重要です。
汁を残せば塩分の摂取量は抑えられますので味気なさは否めませんが、食べる際には実践してみましょう。
糖質がメインのラーメンやカレーライスなど単品メニューではなく、品数が多い定食にすれば、栄養バランスが保たれます。脂質が多いため肉料理は敬遠されがちですが、網焼き、しゃぶしゃぶなら、ある程度は取り除くことが可能です。
ビールの場合はこれらの条件を満たした優秀なおつまみは、豆類に該当するものが良いと言われています。
そばは、小麦粉が多く使用されている場合は、それだけそば粉が少なくなるため、摂取できる栄養素は少なくなってしまいます。
この点にさえ気を付ければ栄養素が豊富に含まれているため、外食としては合格点と言えます。
しかし、昼食の定番ですが、塩分が多いため、そばやうどんは体脂肪を減らすには良くありません。